診療科・部門

放射線室

ご挨拶

地域、患者さんとともに、持続可能な目標(SDGs:Sustainable Development Goals)を追求

放射線室は、医師の依頼によって診療に必要な画像を提供する部門です。地域の中核病院として、二次急性期医療機関としての機能を充実するために、これまでも高度医療機器の整備、充実に努めてきました。そして全ての診療科と密接な連携をとりながらCTやMRIなどの最先端の装置を用いて安全、ていねい、患者さんサイドに立った画像検査を行っています。 
それをもとに正確かつ迅速な画像診断を行い、報告書を作成のうえ、診断結果を各依頼科に配信しています。
また、地域医療連携(病診連携)により近隣病院や開業医の先生方からの検査予約も受け付けております。

平山 伸一 (ひらやま しんいち) 放射線室長

部門内体制

〇体制
放射線科医師 1名 診療放射線技師 6名(女性2名) 看護師 3名(内視鏡兼任) 事務員 1名(午前中のみ)

〇検査室構成
一般撮影装置 2室
乳房撮影装置
CT装置 
MRI装置
X線透視診断装置
血管撮影装置
骨塩定量装置 
移動型X線撮影装置 2台
外科用X線透視診断装置
画像処理装置
マンモグラフィ専用読影診断装置
体成分分析装置
重心動揺計

部門の役割

放射線室として、従来のCT、MRI、骨塩定量、乳がん検診を中心に検診事業の拡大を目標とし、診療体制および検診業務の充実をはかります。
外来診療体制の強化として、救急受入れ、検査予約におけるアクセシビリティの改善を行い、救急受入体制の改善と外来患者のスムーズな診療を図り、放射線検査待ち時間短縮に貢献させます。
また婦人科系検診の充実、拡大を視野に病診連携とともに広報活動を活発化させ、新規ニーズの開拓の努力をいたします。休日検診の拡張も検討しています。
医療安全文化の醸成として、地域における医療機関の連携推進(他施設との講演会・講習会の連携、チーム医療の推進による教育:研修会)の企画を考えています。

主な検査・設備

X線撮影検査

X線撮影は全身どこでも簡便に撮像することが可能であり、一枚の画像で診断が確定する場合もあります。また骨折・脱臼・骨病変の検出・診断に有効な検査法のひとつです。

CT検査

CTとは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略です。人体のX線吸収差をもとに、臓器の形態、機能や内部構造を調べます。

画像を見る

MRI検査

MRIは磁気を利用した装置で、解剖学的特徴を考慮した任意の断面を撮像できます。X線や造影剤を用いることなく血管の画像を得ることができるのもMRIの特徴で、脳動脈瘤の発見に有効です。

画像を見る

血管撮影検査

血管撮影検査は、血管(動脈・静脈)内にカテーテルを挿入して造影剤を注入しながらX線撮影を行うことによって、血管や血流の様子が描出できます。血管性病変や腫瘍性病変に対しての診断や治療を目的として行います。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィは、乳房専用のX線撮影装置で撮影します。乳房の大部分は、乳腺組織と脂肪組織の軟部組織のみで構成されているため、通常のX線撮影検査よりもエネルギーの低いX線を用いて撮影しています。

画像を見る

TV検査

TV検査では、バリウムを使った胃透視・注腸検査や水溶性ヨード系造影剤を使った膵胆管系検査を主に行います。内視鏡を用いて行うこともあります。

画像を見る

骨塩定量検査

骨量を測定する検査で、二種類の異なるエネルギーのX線を当てる測定法です。腰椎・大腿骨・前腕骨いずれの部位でも骨量を精度よく測定することが出来ます。

画像を見る

体成分分析検査

体成分分析装置は、人体を体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪の4つに分けて分析する装置です

重心動揺計 グラビコーダ

重心動揺検査は起立姿勢に現れる体重心の揺らぎを測定し、そのパターンやデータから、平衡機能を評価するものです。

画像を見る

診療実績

  • 2019年度は、2019年4月1日~2020年3月31日の実績
  • 2018年度は、2018年4月1日~2019年3月31日の実績

2019年の診療実績

一般撮影 12389
CT 4261
MRI 1379
血管撮影検査 4
マンモグラフィ検査 1002
TV検査 916
骨塩定量検査 1562
体成分分析検査 1144
重心動揺計 グラビコーダ 1082

2018年の診療実績

一般撮影 12085
CT 4674
MRI 1389
血管撮影検査 13
マンモグラフィ検査 1006
TV検査 880
骨塩定量検査 1819
体成分分析検査 1157
重心動揺計 グラビコーダ 1027
  1. トップページ
  2. 診療部・部門
  3. 放射線室