診療科・部門

リハビリテーション科

ご挨拶

その人らしく生きるためのお手伝いを

リハビリテーションというと運動のイメージがありますが、実際にはそれだけでなく、日常生活をよりよく送るために様々なサポートを行う診療科です。
病気やけがにより、それまでの生活が難しくなった方が、少しでもその人らしく地域社会の中で生活を送ることが出来るようにサポートいたします。

金田 好弘 (かなた よしひろ)

診療体制

4名の医師で入院・外来診療を行っています。
入院は主に脳卒中や骨折などで急性期治療後に在宅生活に戻るためのリハビリテーションを行う回復期リハビリテーション病棟を担当しています。
外来ではリハビリテーションや装具診、ボツリヌス治療、訪問診療など多方面から患者さんをサポート出来る体制をとっています。

高度な専門医療

トヨタ自動車株式会社と藤田医科大学が共同開発した歩行補助ロボット「ウェルウォーク」を使用し、脳卒中片麻痺患者さんの歩行能力・動作能力の改善に向けたリハビリテーションを行っています。

主な検査・設備

嚥下造影検査

嚥下機能を評価するためにバリウムを用いて口腔、咽頭、食道の機能を評価する検査です。この検査の結果をもとに食事や水分の形態を検討します。

嚥下内視鏡検査

内視鏡を用いて咽頭の機能を評価する検査です。この検査の結果をもとに食事や水分の形態を検討します。

神経伝導検査

神経に電気を流し、その波形を評価することで神経の障害部位や障害の種類、程度などを判断する検査です。

針筋電図

筋肉に針電極を刺入し、筋肉からの電気を記録し、その波形から障害の部位や程度、原因などを判断する検査です。

ボツリヌス治療

脳卒中などの中枢神経疾患により出現する筋肉のこわばり(痙縮)に対してボツリヌス毒素を注射することで筋肉を緩めて動作を改善する治療です。

ウェルウォーク

脳卒中片麻痺患者の歩行を支援するために開発されたロボットで、麻痺した脚のサポートを行うことで早期から歩行練習が可能です。また、慢性期の患者さんの歩行能力改善も得られます。

対象疾患・診療内容

脳卒中

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の患者様に対して麻痺や嚥下障害、高次脳機能障害などを改善するようリハビリテーションを行います。

整形外科疾患

骨折、脊髄損傷、人工関節術後の患者さんに対して筋力強化、疼痛軽減のためにリハビリテーションを行います。

廃用症候群

様々な疾患により身体機能の低下をきたした患者さんに対して、身体機能改善のためのリハビリテーションを行います。

心疾患

心機能に応じた適切な負荷による運動療法を行い、身体機能の維持・改善を図ります。

診療実績

  • 2019年度は、2019年4月1日~2020年3月31日の実績
  • 2018年度は、2018年4月1日~2019年3月31日の実績

2019年の診療実績

脳梗塞 55
脳出血 24
くも膜下出血 3
脊髄損傷 9
大腿骨骨折 26
人工関節術後(股関節・膝関節) (不明)
慢性心不全 1
廃用症候群 26

2018年の診療実績

脳梗塞 28
脳出血 8
くも膜下出血 4
脊髄損傷 9
大腿骨骨折 35
人工関節術後(股関節・膝関節) (不明)
慢性心不全 3
廃用症候群 17

臨床研究

以下の研究について、当科で実施しておりますのでお知らせいたします。研究に関する問い合わせ等がございましたら、各研究詳細ページに記載している連絡先にご連絡ください。

  1. トップページ
  2. 診療部・部門
  3. リハビリテーション科