ささやま医療センター

兵庫医科大学グループ

大学病院として
質の高い地域医療を提供

当センターは兵庫医科大学の付属病院(篠山キャンパス)であり、丹波地域の健康を支える基幹病院です。へき地での勤務や総合診療の経験を積んできた医師と、本院(西宮キャンパス)から赴任してきた専門医がともに働き、地域ニーズに応じた診療体制を整えています。

また、医学の道を志す若手研修医や兵庫医科大学・兵庫医療大学の実習生を積極的に受け入れ、地域医療を担う優れた医療人の育成に努めています。

予防からケアまで、地域密着型の病院

患者さんに寄り添う
「総合診療」

当センターでは、幅広い知識を持った医師が患者さんの健康を多角的に診察する「総合診療(プライマリ・ケア)」に力を入れています。「調子が悪いけれど何科に行けばいいかわからない」という場合には、「総合診療科」にお越しください。プライマリ・ケア医が問診や応急処置を行い、必要に応じて専門的な治療の道を紹介させていただきます。

また、高齢化が進む丹波地域の特性に応じた地域包括ケアにも積極的に取り組んでいます。地域包括ケア病棟、在宅サポート入院、訪問診療にも力を入れ、地域に寄り添う医療を提供しています。地元出身の医師やスタッフが多く、アットホームな雰囲気が特徴です。

リハビリテーションの充実

総合的な
リハビリテーションが強み

当センターには専門医が常勤するリハビリテーション科があり、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士も多数在籍しています。急性期~回復期~維持期すべてのリハビリテーションが可能な体制を整えています。

1999年に「リハビリテーションセンター」を併設し2015年に丹波エリア初の回復期リハビリテーション病棟を開設して以来、丹波医療圏ひいては兵庫県下においても、「リハビリテーションならささやま」と患者さんから高く評価していただいております。

  1. トップページ
  2. 病院紹介
  3. 3分でわかるささやま医療センター