診療のご案内
リハビリテーションセンター
老人保健施設
居宅介護支援事業所

検査室

臨床検査とは?

病院などで「検査」といえば、体温測定や血圧測定、レントゲン検査、血液・尿検査、そして胃カメラ検査や心電図検査など様々な「検査」を思い浮かべることでしょう。しかし、検査室が受け持つ業務は「臨床検査」という分野を指します。臨床検査は、病気の診断や治療、健診に使われる検査の1つで、血液検査、心電図検査などがこれに含まれます。血液検査、心電図検査等を含めあまりにも広範囲で一つの言葉で表しにくいので、検査に“臨床”を付けて臨床検査と呼んでいます。

臨床検査は以下のように様々な目的で行われます。

(1)症状の原因を調べる。
(2)症状の似た病気のなかからどの病気に該当するかを調べる。
(3)診断の確認をする。
(4)病気の進行度合を調べる。
(5)投薬による副作用の有無を調べる。
(6)治療効果を確認する。

このように、病気の診断や治療の場だけでなく、健診などの予防医学においても臨床検査は欠かすことのできない業務です。

 

 

臨床検査は、患者さんから得られた血液や尿、便、細胞などを調べる「検体検査」と、心電図や脳波など患者さんに直接触れて検査を行う「生理機能検査」の2つに大きく分けられます。病院や診療所、検診施設の他に、登録衛生検査所(検体検査のみ)で行われ、臨床検査技師という国家資格を持った技師が行っています。臨床検査技師は臨床検査の専門的な知識や技術を身に付けた専門職で、看護師や薬剤師、診療放射線技師などとともに医師を支える医療の一端を担っています。

当検査室では、7名の臨床検査技師と1名の臨床検査助手で検査を行っています。このうち学会認定資格として、細胞検査士1名、超音波検査士2名、医療情報技師1名が在籍しています。

ページ先頭へ

兵庫医科大学ささやま医療センター

〒669-2321 兵庫県丹波篠山市黒岡5番地 TEL:079-552-1181(代表)

Copyright(c) 2012 Hyogo college Of Medicine, All Rights Reserved.