診療のご案内
リハビリテーションセンター
老人保健施設
居宅介護支援事業所

薬剤室

病気の治療に欠かすことのできない「薬」。患者さんにとって安全で効果的な薬物治療をしっかりと支えているのが、私たち病院薬剤師です。
私たちは、医療チームの一員として、患者さんに安全で効果的な治療を受けていただくため、薬剤師9名(常勤8名、非常勤1名:平成29年4月現在)で以下のように様々な業務に取り組んでいます。また夜間・休日も薬剤師が待機しており、常に安全で効果的な薬物治療が提供できる体制をとっています。 

1.調剤

医師の処方箋に基づいて、患者さんが薬を適切に使用できるように調剤を行っています。
この際、薬剤師は独自の立場で薬の安全性や有効性を確保する役目があります。

当院では、電子カルテシステムを導入しており、調剤支援システム(散剤監査システム、全自動錠剤分包機など)と連動し、機械によるチェックを加えることで、より安全な調剤業務を実現しています。

2.情報提供

患者さんに対して、薬の使い方や注意などを説明致します。電話による問い合わせにも応じています。
病院スタッフに対しても、薬がより効果的・安全に使われるよう、情報を提供しています。

3.薬学的ケア

患者さんの体内での薬の動きを予測・管理します。
副作用を防ぐために検査データをチェックしたり、副作用の初期症状の発現をチェックします。
各病棟の担当薬剤師が入院中の患者さんの元へ行き、分かりやすく薬の説明を行います。
薬歴(薬剤師が記録した薬の履歴)に、過去の投薬歴・副作用の有無・効果の程度など種々のデータを記録し、それをもとにより効果的な薬物治療に役立てます。さらに、複数科受診による薬の重複や相互作用なども防ぎます。
退院後も正しい薬物治療を継続できるように患者さん・スタッフをフォローします。
また、褥瘡(対策チーム)・NST(栄養サポートチーム)・ICT(感染制御チーム)の回診に同行し、薬の選択の助言を行っています。

4.薬の管理

温度管理などそれぞれの薬に応じた管理を行ない、薬の品質を守っています。
災害に対応できるよう、十分な量の医薬品を備蓄しています。

5.医療安全対策

薬による健康被害を防ぎます。
薬歴を確認し、重い副作用を未然に防止します。
薬の飲みあわせによる問題を防止します。
患者様からの訴えから、薬の副作用を発見します。
院内感染の防止や褥瘡の予防、または栄養管理(経管栄養の患者様・食物と薬の相互作用など)においても、薬剤師の立場で貢献いたします。

6.教育・研究

薬学生の病院実習を受け入れています。認定実務実習指導薬剤師を2名(平成29年4月現在)配置し、安心して実務実習が行える環境を整えています。

新薬の勉強会や院内医師等による講習会を実施しており、知識の向上に努めています。
日本医療薬学会研修施設に認定(平成27年1月)されており、認定薬剤師の育成にも力を入れています。
ページ先頭へ

兵庫医科大学ささやま医療センター

〒669-2321 兵庫県丹波篠山市黒岡5番地 TEL:079-552-1181(代表)

Copyright(c) 2012 Hyogo college Of Medicine, All Rights Reserved.