リハビリテーションセンター
老人保健施設
居宅介護支援事業所

丹波圏域リハビリテーション支援センター

圏域リハビリテーション支援センターについて

 障害者や高齢者が、住み慣れた地域で急性期から回復期を経て維持期へと移行する全過程を通じて、それぞれの状態に応じた適切なリハビリテーションを継続的に受けることができるシステムを確立することが必要です。

 このため、各圏域でリハビリテーション実施機関や施設等が連携して適切なリハビリテーションが実施できるよう、医療リハ、生活リハ両方の基幹的な指導・相談機能を担うものとして、兵庫県が圏域リハビリテーション支援センターを設置しています。

 当院は、平成15年度から丹波圏域(丹波市、篠山市)リハビリテーション支援センターの指定を受け、次の業務を行っています。

 

圏域リハビリテーション支援センターの業務

 リハビリテーション専門職等のネットワーク化を図り、市やリハビリテーション実施機関等への支援を行い、地域包括ケアシステムの推進を図る活動をしています。

地域リハビリテーション支援体制の推進

・リハビリテーション専門職等のネットワーク化に向けた会議を開催し、ネットワークを活用してリハビリテーション実施機関からの相談・派遣の依頼に対応します。

・リハビリテーション専門職等の資質向上に向けて、研修を開催します。

・市町及び健康福祉事務所が実施する在宅医療・介護連携に関する会議等へ出席し、必要に応じた支援を行います。

・圏域リハビリテーション連絡協議会を設置し運営します。

地域リハビリテーション活動支援事業の推進

・リハビリテーション専門職等に対して、新たな介護予防事業にかかる研修を開催します。

・リハビリテーション専門職等ネットワークを活用し、新たな介護予防に係る市町からの相談・派遣依頼に対応します。

リハビリテーション実施期間・事業者への支援

・保健・医療・福祉・介護の従事者に対して、地域リハビリテーションに関する研修を開催します。

・専門職員(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等)が、事業所に勉強会等の講師として出向いたり、リハビリテーションに関する相談へ助言を行います。

勉強会への講師の派遣やリハビリテーションに関する相談について、お気軽にご相談下さい。

(対象:介護・医療従事者、ケアマネジャー、市職員等  費用:無料) 

 

○講師派遣・相談のご案内(pdf)

 

○講師派遣・相談申込用紙(pdf,Word)

  

住所 〒669-2321
兵庫県篠山市黒岡5 兵庫医科大学ささやま医療センターリハビリテーション室
電話 079-552-7381
FAX 079-552-7382
E-mail sasareha@hyo-med.ac.jp
(担当;柏木、坂本、山下)

 

兵庫医科大学ささやま医療センター

〒669-2321 兵庫県篠山市黒岡5番地 TEL:079-552-1181(代表)

Copyright(c) 2012 Hyogo college Of Medicine, All Rights Reserved.